どれぐらい稼げるのか

稼ぐためのポイント

模型

タクシードライバーは、車で人を運ぶことで対価を得る職業で、運転免許証があり、第二種免許の資格を有していれば誰でもなることができます。
万が一、第二種免許の資格を有していないのであれば、教習所に通ったり、合宿免許に参加したりするとよいでしょう
最近では、格安で通える教習所や合宿免許が増えてきています。
そのため、安く費用を抑えてタクシードライバーに必要な免許を取得したいと人におすすめです。
日本においてはタクシードライバーになるためにはタクシー会社に所属しなければなりませんが、どのようなタクシー会社においても給料の仕組みは歩合制となっています。
基本給も出ますが、稼ぐためにはいかにお客さんを多く運ぶかがポイントになります。
このためタクシードライバーで稼ぎたいのであれば、その地域の需要を見極めるのが大切です。
人気のある地域としては東京がもっとも需要のある地域で、年収600万円程度であれば真面目に行っていれば稼ぐことができます。
ただ東京でも稼ぐためにはコツがあり、夜勤の場合には割増料金が取れるので効率よく稼げます。
特に東京はビジネス街と歓楽街が混在しているため、終電を乗り遅れた人たちなどのタクシー需要が多く稼ぐためのチャンスが多くあります。
このようなポイントを抑えれば年収800万円も可能ですが夜勤は身体への負担も大きいので注意が必要です。
また東京には多くのタクシー会社があり大手から中小まであります。
大手はそのネームバリューから年収が高くなる傾向にありますが、そのぶんドライバーとしてのクオリティが求められてきます。
中小の場合にはその点では気楽なところがありますが、年収で大きな差が出て来るため注意が必要です。
いずれにしても東京ではタクシー需要が多いので稼ぐチャンスは多くあります。

必須スキルは何だろう

タクシー

車の運転を業務とするドライバーの職業は、時間に追われる事が多い為、一日の体感時間がとても早く感じます。
ダラダラと就業時間を過ごすよりも、中身が濃くて集中できる方が向いているという人には大変働きやすい職業です。
このドライバーの職業として代表的な職種にタクシー運転手があります。
毎回異なる目的地を指定され、遠回りすることなく最短ルートでお客様を運ばなければなりません。
東京23区で例えると、時間による規制や一方通行が多くあって、全く知らないでは少し苦労してしまうような道路が多くあります。
特に東京に関しては入り組んだ道も多いので、地理のスキルはないよりもあったほうが有利となるでしょう。
しかし、東京の土地勘がない人でも、不安に感じることはありません。
現在では、カーナビを設置しているタクシーも多くあります。
なので、もし、土地勘がない場合には、カーナビを全車に導入している企業を選択すると良いでしょう。
また、企業目線で言う必要な人材は「安全運転」が出来るドライバーです。
東京では渋滞が多く、車の数も他県と比較すると比べ物になりません。
そんな環境の中で無事故を貫き通すためには、機械ではなくて人間の判断力が必要になってきます。
以上が、東京でタクシーのドライバーになるためには最も重要視されるだろうポイントです。
タクシーという職業をイメージだけで解釈せずに、本当に求めているスキルを理解すれば前向きな就職活動ができることでしょう。
また、就職活動の際には、タクシードライバーに特化した求人サイトを利用すると各社の福利厚生や勤務スタイルを確認することが出来るので、効率よく就職活動をすることが出来るでしょう。
また、そのようなサイトでは、実際に勤務しているスタッフや以前勤務されていたスタッフの口コミ評価を確認することが出来るので、働きやすい環境の企業を見つけやすくなるでしょう。

ツテを活用してみる

男性

東京では夜遅くまで仕事をしている人が多いこともあり、深夜のタクシー利用者もたくさん居ます。
そのため、タクシー運転手の求人も時々あります。
運転手の仕事をしてみたいという人は、日頃から東京のタクシー運転手求人情報をチェックしてみましょう。
まず、求人サイトを見ることをお勧めします。
情報量が多いサイトを活用しましょう。
いくつかのサイトをチェックすると、様々な求人情報を見つけることができます。
また、東京のタクシー求人は年齢の上限がかなり幅広くなっているので、定年を迎えた人でも応募できる場合があります。
その点もよく確認してみましょう。
それから、ツテを活用してみることも大切です。
東京には様々なタクシー会社があります。
有名な大手もありますが、小規模な会社もあります。
小規模な会社の場合、個人的にタクシー運転手を募集していることもあり、求人サイトに掲載していないかもしれません。
直接、会社を訪れて採用してもらえることもあります。
友人や知人などのツテから、このような会社があるかどうか調べてみましょう。
そして、働くからにはお給料が気になるものです。
タクシー運転手の場合、歩合制のこともあります。
お客様をたくさん載せた人ほど、お給料がたくさん貰えるというシステムです。
そのため、慣れている人はどこの地域で、どの時間ならお客様を乗せられるのか、知っていることがあります。
要は慣れることが大切です。
コツをつかめば、年収も400万円近くになることがあります。